30代の肌状態

  • HOME > 30代の肌状態

30代の肌状態

30代の肌は、20代の頃よりも衰えています。

年齢を感じたくないので、自分の肌を直視しない方もいるかもしれませんが、ここは冷静に鏡を見ましょう。

美肌になるためには、自分の肌を冷静に見つめ直さなければなりません。

冷静に自分の肌を見ることができなければ、どのような化粧品を使ったら良いのか、分からないでしょう。

ですから、少々つらいかもしれませんが、自分の顔をしっかりと鏡で見て、

・どこかにシワができていないか?
・シミができていないか?
・たるみの状態はどうなのか?

をしっかりと把握してください。

30代の肌の悩みで多いのは、毛穴の開きです。

しかも、単に毛穴が開いているというのではなく、毛穴が縦に広がっているでしょう。

縦に毛穴が広がっているということは、肌のたるみが進んでいるということです。

重力に逆らえず、肌が下へ下へとたるみ、そのたるみに引っ張られて、毛穴は縦に開きます。

ですから、毛穴が縦に広がっている方は、毛穴を綺麗にすると同時に、肌のたるみも解消しなければなりません。

また、ニキビ跡がシミになっているという30代も多いでしょう。

若い頃はニキビ跡があっても、その跡がピンク色をしていたので、それほど目立たなかったかもしれません。

しかし、30代の肌は色素沈着が進み、ニキビ跡がシミになっているだけでなく、こめかみ辺りにも薄っすらとシミができている場合があります。